簡単!!ウォシュレット取り付け術

こんにちは、七福管理サービスの浦田です。
今回はアパートの大家さんからの依頼で6件ほどウォシュレットの取り付け施工してきました。
同じような物件が周りにたくさんあるなら、ウォッシュレット付きの物件として差別化できます。
ウォッシュレット付きに変えるって大工事じゃないの?と思われている方も多いと思いますが、実は簡単に取り付けできてしまうのです。自宅1件分でしたら、自分でやってみてもいいかもしれません!実家に設置してあげても喜ばれるかもしれませんね!

ウォッシュレットが付けられるか確認

コンセントが無いと付けられないので、コンセントがあるか確認!
無い場合は諦めるか、七福管理サービスにご相談ください。

ウォッシュレットの付け方

1.コンセントを抜き、水を止める

ウォッシュレット機能がない、便座を温める機能がある便座から変える場合は、コンセントを抜きます。ここでは下に埋まっている水栓ネジを締めて、水が流れないように止めます。

2.既存の便座を外してきれいにする

裏側の下にボルトがあるはずですので、ネジを緩めて外します。いらない布やぞうきんでピカピカに!外し方がわからない場合は、メーカーサイトを見るといいです。

3.タンクとウォッシュレットの水を分岐させる金具の取り付け

既存の排水管を取り外します。

分岐金具を取り付けます。順番を確認します。T字の金具が分岐金具です。

設置完了です!

ウォッシュレット側の給水ホースをつけます。

4.ウォッシュレット付き便座を付けます

設置方法は、取扱説明書に記載の通りに行います。設置後、丁寧に拭き上げます。

5.コンセントをさします

アース線をしっかり引きます。

6.水栓をゆるめ、電源を入れて試運転を行います

水漏れがないか確認しながら、ゆっくり水栓をゆるめます。

水漏れがある場合は、水栓を締め、接続部分などの緩みがないか確認を行います。

問題がなければ、設置完了です!

7.完成!

思ったよりも簡単ではありませんでしたか?

なれないと大変ですが、なれると簡単に設置できますよ。

自分でやるのは怖い、面倒だと思われた方、質問がある方は、お気軽に七福管理サービスにお声がけください♪